乱獲防ぐサンマ漁獲枠提案へ

政府は7月に開催される北太平洋の水産資源の保護を話し合う国際会議で、不漁が続くサンマの漁獲量に上限を設ける提案を行う検討に入った。 近年、台湾や中国のサンマの漁獲量が急増し、資源量の減少が懸念されており、乱獲を防ぐ狙いがある。 北太平洋のサンマの漁獲量は2015、16年と不漁が続き、日本でも昨年は約50年ぶりの不漁に見舞われた。夏から秋にかけて日本の沿岸部に回遊する前に、中国や台湾が…

続きを読む

JAL乗務員が機内トイレで飲酒

日本航空は6日、20代の男性客室乗務員(CA)が運航中の旅客機内のトイレで飲酒していたと発表した。 飲酒したのは休憩中で、「よく眠れるように飲んだ」と話しているという。運航規定違反に当たり、日航は厳正に処分するとしている。 国土交通省は同日、日航に厳重注意し、再発防止策の報告を指示した。 日航によると、CAは2017年4月に入社し、バンコク空港所で勤務。今年5月23日午前5時1…

続きを読む

融資不正にスルガ銀行員関与か

地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)による中古1棟マンション投資への融資で、不動産業者が家賃や空室率を偽って多額の資金を引き出す不正が横行し、行員も関与した疑いがあることが、朝日新聞の取材でわかった。同行を巡っては、シェアハウス向け融資でも業者による多数の不正を行員が見逃したことも判明しており、融資のずさんさが鮮明になっている。 中古1棟マンション投資は不動産業者が会社員や医師を勧誘し、主…

続きを読む