韓国がEEZ内の漁船に中止要求

第9管区海上保安本部は21日、韓国海洋警察庁の警備艦が20日夜に、日本の排他的経済水域(EEZ)内で操業していた日本漁船に対し、操業停止と他の海域への移動を要求したと発表した。 警備艦が漁船に接近し、海保の巡視船が間に割って入る場面もあったという。政府は外交ルートを通じて韓国側に抗議した。 同本部によると、20日午後8時半ごろ、能登半島の西北西約400キロの大和堆(やまとたい)付近で…

続きを読む

パリ中心部 車全面禁止を計画

パリのイダルゴ市長は、市中心部に当たる1~4区への自動車の乗り入れを一部を除いて全面的に禁止し、歩行者専用区域とする計画を検討する考えを示した。15日付のパリジャン紙などが伝えた。 現在、既に毎月第1日曜日に乗り入れが禁止されているが、2019年末までにこれを毎週日曜日に拡大し、段階的に恒常化を図る考え。乗り入れ禁止区域で小型シャトルバスを自動運行することがアイデアとして示されている。 …

続きを読む

北の船怖い 漁獲3割減の船も

北朝鮮からとみられる木造船の漂流・漂着数が今年も増え過去最多を記録した。日本海でイカの群れを追う北朝鮮漁船団の小型木造船が遭難するケースが多い。こうした漁船団と沖合で遭遇、同じ海域での漁を断念し、日本側の漁船には漁獲量が3割ほど減った船もある。昨年7月には水産庁の漁業取締船が北朝鮮船の船員に銃口を向けられる事件が起きており、漁業関係者の北朝鮮船への警戒が続いている。 水産庁は10月17日、…

続きを読む