正恩氏が「体制保証」を要求

ポンペオ米国務長官は23日、下院外交委員会の公聴会で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談した際、正恩氏が世界からの「体制保証」を求めたことを明らかにした。 また、朝鮮戦争を終結させ、平和条約を締結することにも言及したという。ポンペオ氏は3月末~4月初旬と今月の2度訪朝し、正恩氏と2度会談している。 ポンペオ氏は公聴会の準備書面で、6月12日に予定される米朝首脳会談について、「適切な…

続きを読む

日露が北方領土でウニ養殖へ

日露両政府は、北方領土での共同経済活動として、ウニの養殖とイチゴの温室栽培を事業化する方針を固めた。 事業計画作りに向け、今夏にも日本の官民調査団を北方領土に派遣する。26日にモスクワで予定している安倍首相とプーチン露大統領の首脳会談で合意する方向で調整している。 日本政府は共同経済活動を通じて信頼関係を深め、平和条約の締結と北方領土の返還につなげたい考えで、事業の早期開始を目指す。…

続きを読む

停電でも走れる新幹線開発へ

JR東海は、停電の時でも新幹線がバッテリーを使ってしばらく自走できる初のシステムの開発を始めた。 新幹線はトンネルや橋、高架が多く、東海・東南海地震などの大規模災害時に乗客をいかに迅速に避難させられるかが課題になっている。同社は2020年度から東海道・山陽新幹線に導入する新型車両「N700S」への搭載を目指している。 JR東海が開発を進めている自走用バッテリーは、車体の床下に設置され…

続きを読む