米国が電子たばこの販売を禁止へ

トランプ米大統領は11日、香りや味の付いた蒸気を吸う電子たばこについて、ほぼ全ての販売を禁止する方針を表明した。 若者の間に急速に浸透し、使用との関連が疑われる死亡例が相次ぐなど社会問題化している。トランプ氏は「子供が被害を受けてはならない」と訴え、規制の必要性を強調した。 日本でも電子たばこは販売されている。米国で規制が広がれば、日本にも影響が出る可能性がある。 電子たばこは…

続きを読む

香港デモ隊が米の圧力を要請

「逃亡犯条例」改正案を発端とした抗議活動が続く香港の中心部で8日、香港当局者への制裁を盛り込んだ法案を米議会が早期に可決するよう求め、数万人規模の市民がデモ行進した。米法案は、香港の「高度の自治」を妨げた当局者を制裁対象にしているとされ、米国の圧力で香港の自治を保障したい考えだ。 デモ隊は公園で集会を開くとともに、米総領事館付近を行進。米国旗を掲げながら「中国共産党を駆逐せよ。香港を取り戻…

続きを読む

韓国2大市が不買促す条例可決

韓国のソウル市議会は6日、特定の日本企業を「戦犯企業」と定義し、市などが今後その企業の製品を購入しないよう努力義務を課す条例案を可決した。同日午前にも釜山市議会で同様の条例が可決されたばかり。菅義偉官房長官は6日の記者会見で「不適切、不合理な主張に基づき不当に非難し、経済的不利益を及ぼす内容で、極めて遺憾だ」と強く反発した。 韓国を代表する2都市で成立したことにより、全国でも相次ぐとみられ…

続きを読む

五輪の暑さ対策に降雪機を検討

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、本番での暑さ対策として、降雪機の活用を検討していることを明らかにした。海の森水上競技場(東京都江東区)で行われるカヌー・スプリントのテスト大会期間中の13日に屋根のない観客席に人工雪を降らせて冷却効果を検証する。 降雪機を使って日中に2度に分けて計約1トンの雪を降らせ、気温や湿度を取り入れた暑さ指数(WBGT)の変化などを測定。組織委職員…

続きを読む

サムスンが自国フッ化水素を使用

サムスン電子が、国産の高純度フッ化水素(エッチングガス)を半導体工程の一部のラインに投じることに成功した。日本産の材料への依存度を低くするために、政府と業界の努力が続いているなかで一部の成果が現れた。 3日、サムスン電子側は「一部の半導体ラインの一部製品に、国産のフッ化水素が適用された」と明らかにした。サムスン電子の関係者は「多角化のための努力を持続中で、時間はさらに必要な状況」としながら…

続きを読む