英首相が1月中に必ず離脱

ジョンソン英首相は13日、総選挙での勝利確定を受けて演説し、欧州連合(EU)から「予定通り来年1月末までに離脱する。言い訳はしない」と強調した。(共同通信) ついに期限が確定してしまった。離脱が吉とでるか凶とでるか?

続きを読む

EU離脱に審判

欧州連合(EU)離脱を争点にした英下院(定数650)総選挙の投票が12日、全国の投票所で行われた。 午後10時(日本時間13日午前7時)で締め切られ、即日開票される。離脱を実現させるか、待ったをかけるか、国民の審判が下る。大勢は13日未明(同日午前~午後)にも判明する見通しだ。 1カ月余りに及んだ選挙戦は11日に終了。ジョンソン首相や各党党首は12日午前、ロンドンなどで投票を済ませた…

続きを読む

セブンが都内50店で元日休業

コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンは11日、元日休業の実証実験を計画中であることを明らかにした。店舗が入居するビルの閉館に伴う休業を除けば、セブンが元日に計画休業を行うのは初めて。 セブンによると、実証実験は東京都内の本部直営店とフランチャイズ加盟店の計50店舗程度で計画。休業する店舗の選定や休業時間帯などの詳細を現在、詰めているという。目的は休業前後の売り上げや利益の…

続きを読む

セブンの社長が報酬の一部を返上

コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンは10日、フランチャイズ(FC)加盟店や本部直営店で働くパートやアルバイトの従業員の残業手当の支払い計算を誤り、本来よりも給与を少なく支払っていたと発表した。労働基準監督署からの指摘で発覚したもので、今年11月までの7年9カ月間で8129店舗の3万405人、未払い額は遅延損害金を含め約4億9千万円に及ぶ。全額をセブンが負担して支払うとしている…

続きを読む

報酬不正で日産に課徴金が24億円

前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)らが金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)などの罪で起訴された事件で、証券取引等監視委員会は、同法の両罰規定で起訴された法人としての日産に約24億円の課徴金を納付させるよう、10日にも金融庁に勧告する方針を固めた。9日、関係者への取材で分かった。 監視委は、2011年3月期~18年3月期の8年間の有価証券報告書に、ゴーン被告の役員報酬を計…

続きを読む