三越伊勢丹が赤字幅拡大の見通し

三越伊勢丹ホールディングスは29日、2021年3月期連結純損益の赤字幅が、前期の111億円から600億円に拡大するとの業績見通しを発表した。通期の赤字は2年連続となる。20年3月期決算を公表した5月時点では、算出を見送っていた。

同時に発表した20年4~6月期連結決算は、純損益が305億円の赤字(前年同期は60億円の黒字)となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受けた首都圏の店舗の全館休業などが響いた。(共同通信)

終わりの見えないコロナ禍。流通業に限らず厳しい状況が続きそうだ。

この記事へのコメント