武漢市の院長が18日新型肺炎で死亡

武漢市の武昌医院の院長が18日新型肺炎で死亡。かたやWHOの発表では新型肺炎の致死率はSARSより低い2%。何故か武漢市だけが非常に深刻になっている。中国は武漢市そのものを見捨てるつもりなのか?

この記事へのコメント