安田氏が旅券発給を求めて国を提訴

内戦下のシリアで約3年4カ月拘束され、2018年10月に解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(45)が、外務省から旅券(パスポート)の発給を拒否されたのは「外国への移動の自由を保障する憲法に違反する」として、国に発給などを求めて東京地裁に提訴したことが12日、分かった。

安田さんの代理人弁護士が明らかにした。提訴は9日付。

安田さんはシリアでの拘束中にパスポートを奪われ、帰国後の19年1月に再発行を申請。外務省は19年7月10日付でパスポートを発給しないと通知していた。(共同通信)

この人懲りないね。前回のシリアでは表向きは金が動いていないとされているが、国民の血税が動いていた可能性は否めない。もうこれ以上迷惑かけてくれるな!

この記事へのコメント