中国初の国産空母が台湾海峡に

台湾の国防部(国防省)は17日、中国初の国産空母が16日夜から17日にかけ、初めて台湾海峡を航海したと発表した。台湾軍や米軍、日本の自衛隊の艦船が追尾したという。

台湾海峡を通過したのは旧ソ連の空母を改修した「遼寧」に続く2隻目の空母で、昨年5月から試験航海を始めている。東シナ海から台湾海峡に入り、南へ向け航海したという。台湾メディアは、台湾で来年1月に行われる総統選や、香港の抗議デモを意識したものとの見方を報じている。(朝日新聞デジタル)

こんなさなかに韓国は日米と袂を分かとうとしている。ここ数年で東アジアはドラスティックに変わる事になりそうだ。

この記事へのコメント