壁崩壊から30年

東西冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」崩壊から9日、30年を迎えた。同日、ベルリンで行われた記念式典で、シュタインマイヤー独大統領はポーランドやハンガリーなど東欧の首脳と共に献花した。

メルケル独首相は式典の演説で、「もう二度と、壁で人々を分断してはならない。われわれはどんなに高く、頑強な壁も打ち破ることができる」と述べ、壁を崩壊に導いた東独や東欧の民主化運動を振り返った。

壁は1961年、東西に分断されたドイツで、東側から西側への住民流出を防ぐために建設された。壁を越えようとして東独警備隊に逮捕、あるいは射殺される人が相次いだ。

ベルリン中心部のブランデンブルク門では9日夕、世界的音楽家ダニエル・バレンボイム氏の指揮で、ベートーベンの交響曲第5番「運命」が演奏される。(産経新聞)

もう30年か?昨日の事のようだ。しかし冷静に考えると西ベルリンとは異常な都市空間だった。戦争は本当に罪な事をしてしまう。

この記事へのコメント