北陸新幹線の状況把握は難航

台風19号による千曲川の堤防決壊で、JR東日本の「長野新幹線車両センター」は14日までに、水に漬かった新幹線車両の周辺から水が引いた状態になった。北陸新幹線は長野駅より北側の新潟県にかけての区間で、被害の把握に時間がかかっている。JR東は14日、東京―金沢間全線の運転再開には「相当の期間を要する」と発表した。

車両センターは長野駅の北東約10キロの長野市赤沼地区にある。避難指示が継続しており、屋内施設など詳しい被災状況の把握が難航している。

JR東は「新幹線が走る本線に浸水しているとの情報もあるが、分からないのが実情だ」と説明している。(共同通信)

高架の本線に置いておくという判断はなかったのか?それとも風の影響を受けないように置かなかったのか?今後車両基地には少し高さをつけるべきだ。

この記事へのコメント