軽減税率ですき家の牛並は同額に

ゼンショーホールディングス傘下のすき家本部は3日、牛丼チェーン「すき家」での10月1日からの消費税増税への対応として、「牛丼 並盛」の税込み価格を店内飲食か持ち帰りかに関わらず、現行と同額の350円にすると発表した。他のメニューについても税込み価格を統一するため、詳細を調整中という。

軽減税率が適用されて税率8%に据え置かれる持ち帰りの場合、並盛の税抜き価格は325円と現行のままとなり、税率が10%に引き上げられる店内飲食は6円値下げして319円とする。この結果、税込み価格はともに350円になる。

すき家本部は税込み価格を統一する理由として「消費者にとって同じ商品に支払額が2種類あるのは分かりにくい」と説明する。

牛丼チェーンでは「松屋」を展開する松屋フーズホールディングスも税込み価格を一本化する方針だ。ただ、持ち帰り用の価格を「包装費」名目で値上げする形のため、すき家とは手法が異なる。

「吉野家」は既にメニューを税抜きの本体価格表示に切り替えている。客の約7割を占める店内飲食には10%、持ち帰りには8%の税率をかけて販売するため、支払額が異なることになる。(産経新聞)

軽減税率の取り扱いで現場は非常に混乱している。「結局面倒なので一律10%でいいや」という論調を増やそうとしているんだろうね。

この記事へのコメント