マンション発売が首都圏で低迷

不動産経済研究所が19日発表した首都圏(1都3県)の7月のマンション発売戸数は前年同月比35.3%減の1932戸だった。減少は7カ月連続。7月としては1976年以来43年ぶりの低水準で、73年の調査開始以来3番目の少なさだった。

価格の高止まりで購入の動きが鈍かったことが響いた。業者も新規の供給を抑えた。今年10月の消費税増税の影響は「今のところほとんどない」とみている。

東京23区が前年同月比35.8%減の922戸、23区以外が55.3%減の187戸、神奈川県が37.1%減の361戸、埼玉県が7.3%減の268戸、千葉県は27.6%減の194戸だった。(共同通信)

最近ネット上でマンションリスクが叫ばれているのも関係しているのかな?人口が減少する今、スラム化するマンションが必ずでてくる。また高額な修繕積立金を知らずにタワーマンションを購入した人達の管理費滞納も近いうちに社会問題化しそうだしね。

この記事へのコメント