大韓航空が札幌-釜山間運休へ

大韓航空が9月3日から釜山(プサン)~札幌路線を運休することを決定した。

29日、韓国の経済メディア「アジア経済」の報道によると、大韓航空は9月3日から週3便(火・木・土)で運航していた釜山~札幌路線の運休を決めた。

報道によると、大韓航空側は「日本路線の需要を考慮した弾力的措置で、(運航)再開時点は未定」としながら「予約済みの顧客には内航機を利用して、仁川~札幌路線で代替予約を提供する予定」と説明した。

今回の運休の決定は、日本の経済報復による不買運動が本格化したことにより、該当路線の予約が減少したことが原因だと分析される。(中央日報)

そもそも日本と韓国間の航空路線が多すぎる。特に仁川空港はやたらと日本の地方空港を路線結んでいるけど仁川空港のハブ化を日本が助けているようなものだ。これを機会を絞ったほうが良いね。

この記事へのコメント