三菱重工 賠償協議に応じず

韓国人の元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身隊員らが三菱重工業に損害賠償を求め、勝訴が確定した訴訟を巡り、原告らの支援団体は15日、三菱重工が回答期限の同日までに賠償協議に応じる意思表明をしなかったと明らかにした。今後、差し押さえた韓国内の同社資産の売却を裁判所に申請する見通しだ。

原告側は三菱重工に対し「被害者が高齢のため(賠償を)先延ばしにはできない」(代理人)として、15日までに賠償協議に応じるよう求めていた。元徴用工らの一連の訴訟を巡っては、原告側が日本製鉄(旧新日鉄住金)と不二越の韓国内の資産売却を既に申請している。(共同通信)

現金化したらグループ内の三菱UFJ銀行が黙っていないだろうね。LC(信用状)の発行停止に踏み切ったら韓国まじで終わるよ。韓国はそれを知っているのにあの国民性だから後に引けない状態になっている。寅さんは歴史上に名前を必ず残すね。

この記事へのコメント