日本の輸出規制で懸念を伝達

韓国の康京和外相は10日、ポンペオ米国務長官と電話会談し、日本政府による輸出規制に関して「わが国企業への被害だけではなく、米企業はもちろん世界の貿易秩序にも否定的影響を及ぼし得る」と懸念を伝えた。

韓国外務省が11日、発表した。

康氏は「韓日の友好協力関係、韓米日3カ国の協力側面でも望ましくない」とも主張。その上で「日本の措置の撤回を求めるとともに、これ以上状況を悪化させないよう希望しており、対話を通じた外交的解決のため、努力していく」と説明した。ポンペオ氏は「理解」を表明したという。(時事通信)

広島では11日、アメリカのマイクロン社がDRAM工場の完成式典を開いた。東芝メモリは来年一月に岩手に新工場が稼働予定で半導体やフラッシュメモリを生産予定。うーん何かすべてが繫がったような気がする。今回の輸出規制は明らかに日米で事前に韓国潰しを想定していたという事だ。そうなると韓国がいくらアメリカにすり寄ってももう遅いという事だね。アメリカ敵にまわすと怖いよ。

この記事へのコメント