メルカリ株が急落 競争激化を懸念

2019年6月4日の株式市場で、メルカリ(東証マザーズ)が急落し、前日比209円安(-6.67%)の2926円で取引を終えました。値下がり率は東証マザーズで3位でした。

前日、リサイクルショップ運営のトレジャー・ファクトリー(東証1部)がAmazon.co.jpと連携し、Amazon上から申し込める買い取りサービスをトレジャー・ファクトリーが提供すると発表しました。Amazonアカウントを使ってAmazonのサイト上から簡単に申し込めるのが売りで、買い取り額の支払いはAmazonギフト券か現金口座振り込みを選べます。

トレジャー・ファクトリーは関東と大阪などに店舗を展開し、年間100万件以上の買い取り実績があるとしています。リユース市場の拡大が見込まれる一方、同社とネット販売大手のAmazonが組むことで競争が激化するとの懸念から、フリマアプリ最大手のメルカリが売られたようです。

メルカリの急落に対し、トレジャー・ファクトリーは年初来高値を更新。終値は42円高(+5.39%)の821円でした。(ねとらぼ)

自分も何回か利用した事あるけど商売の実態は個人間売買の売上の一部をかすめ取るようなものだよね。IT企業としてはこれで良いのだと思うけど商売としてはどうなのかな?今回のようにちょっと有力な同業者がでてきたら一気に窮地に追い込まれそうだ。

この記事へのコメント