日産がルノーとの関係を見直しも

日産自動車の西川(さいかわ)広人社長兼CEO(最高経営責任者)は3日夕、連合を組む仏自動車大手ルノーと、欧米大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の経営統合が実現した場合、日産とルノーの関係を見直す必要があるとの声明を発表した。

西川氏は声明で、FCAからルノーへの経営統合の提案が実現すれば、「ルノーの会社形態が大きく変わることになるため、これまでの日産とルノーの関係の在り方を基本的に見直していく必要がある」と主張。「今後、日産の利益確保の観点から、これまでの契約関係や業務の進め方などについて、分析ならびに検討を進めていく」としている。(朝日新聞デジタル)

見直したいのは理想的だけどルノーの43%出資がネックだ。とにかく日本企業として死守してほしいね。

この記事へのコメント