かんぽの宿11ヵ所が営業終了へ

日本郵政は13日、全国で経営する宿泊施設「かんぽの宿」のうち、郡山(福島県)など、採算が悪化している11カ所の営業を12月20日で終了すると発表した。立地が悪く、改装などでてこ入れしても来客数が伸び悩んでいた。他社による営業の引き継ぎや施設活用に結び付けるため、今後売却先探しを進める。

他に営業を取りやめるのは磯部(群馬県)、勝浦(千葉県)、箱根(神奈川県)、諏訪(長野県)、岐阜羽島(岐阜県)、富山(富山市)、浜名湖三ケ日(浜松市)、湯田(山口市)、徳島(徳島市)、別府(大分県)。こうした意向は既に、地元自治体などの関係者に伝えているという。(共同通信)

ホテルビジネスド素人の役人が国民から預かった大切な保険金で作って揚句の果てに売却か?政治家と役人は最終的に責任取らないからね。今後は負債分しっかりを払ってもらわないとね。

この記事へのコメント