レオパレスが社長辞任を発表

賃貸アパート大手レオパレス21は10日、物件の施工不良問題の責任を取り、深山英世社長が5月30日付で辞任し、後任に宮尾文也取締役常務執行役員を昇格させる人事を発表した。深山氏は取締役に降格となる。(共同通信)

これは誰がやってもイバラの道が待っている。アパートのオーナーたちは会社存続を願っているけど果たして持つのかな?

この記事へのコメント