新聞の土曜郵送 値上げで継続

普通郵便の土曜日配達廃止を検討している日本郵便は8日、新聞の土曜日朝刊の郵送サービスについて、値上げした上で例外的に継続していく考えを示した。新聞販売店などから反対意見が多く出されたことを踏まえた。現在、日刊紙の土曜配達料金は重さ151~200グラムで59円だが、90円程度への値上げを想定している。

また日本郵便は、選挙運動用の通常はがきの土曜配達についても維持。土曜配達廃止の場合に利用増が想定される速達の料金に関しては、1割程度引き下げる方向で検討しているという。(時事通信)

日本全国どんな山奥でも離島でも同一料金で送れるのが国が行う郵便というシステムだった。でも民営化するとこういう事になるんだね。日本郵便側の立場も理解できるけど何か寂しいものを感じる。

この記事へのコメント