国連分担金が中国に抜かれ3位

国連総会は22日、2019~21年通常予算の分担率を定めた決議案を議場の総意で採択した。

30年以上米国に続く2位を維持してきた日本は、中国に抜かれて3位に後退する。日本の経済力の相対的低下と、世界第2位の経済力を持つ中国の成長を改めて印象付けた。

分担率は国民総所得(GNI)などをベースに算出され、3年ごとに改定される。日本の分担率は1956年の国連加盟時は2%に満たなかったが、高度成長を受け、86年に旧ソ連を抜いて2位に浮上。ただ、その後の低成長から2000年の20.573%をピークに低下していた。

日本の分担率は16~18年の9.680%から19~21年は8.564%に低下。中国は同7.921%から12.005%に上昇する。米国は変わらず上限の22%。

国連分担金の割り当てを勧告する国連の分担金委員会が8月に公表した試算結果を受け、次期予算から日本が3位に転落する見通しになっていた。

別所浩郎国連大使は11月の定例会見で、「日本は重要な貢献国として引き続き活動していく。積極的にさまざまなアイデアを出し、いろいろな分野で指導的役割を果たしていくことで、発言力や影響力は保てるのではないかと思っている」と強調した。(時事通信)

そもそも常任理事国が上位5にいない事がおかしいよね。日本は金だけ出して常任理事国なれないなら別に上位にいる必要もないのかも?常任理事国のエゴで国際紛争も解決できない国際機関ならもういらないのかもしれない。

この記事へのコメント