トヨタ、英生産の一時停止も

来年3月に迫った英国の欧州連合(EU)離脱を前に、トヨタ自動車など日本の自動車メーカーが対応を迫られている。トヨタは9日、英国とEUとの離脱交渉が決裂し、貿易を巡る合意に至らないまま離脱が決まった場合、部品調達が滞る恐れがあるとして、一時的に英国工場の生産を停止する可能性があるとの認識を明らかにした。

トヨタは2017年、英国工場で約14万台を生産。そのうち約9割をEU諸国に輸出した。部品の多くはEU域内から調達しており、工場では抱えている在庫はわずかという。

貿易条件を巡る交渉がまとまらないまま、英国がEUから離脱した場合、猶予期間がほとんどないため、物流の混乱は避けられないとみられる。部品調達が滞れば、英国での生産を一時的に停止せざるを得ないという。(読売新聞)

トヨタもさることながらイギリスの経済的損失が具体的になってきた。たぶんにイギリスに生産拠点を置く企業は欧州各国への輸出に関税がかかるため、軒並み生産拠点をEU側に移動するだろう。長期的には良い方向に動くと思うけど短期的にはかなり混乱するのでは?

この記事へのコメント