長崎新幹線レール敷設始まる

九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の武雄温泉(佐賀県)-長崎間で、レールを敷設する作業の開始を告げる「レール発進式」が30日、佐賀県嬉野市の嬉野温泉駅予定地であった。長崎ルートでのレール敷設は初めて。

式典には佐賀県内の自治体関係者ら約40人が出席し、安全祈願の後、高架上で専用の装置が溶接された長さ200メートルのレールを真新しいコンクリートの軌道上に送り出した。敷設作業は2022年中に終わる見込み。

長崎ルートは、同区間(66キロ)を通常の新幹線の「フル規格」で整備するが、新鳥栖(佐賀県)-武雄温泉間は予定していたフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の導入を断念し、整備手法が決まっていない。当面は武雄温泉駅で在来線特急と新幹線を乗り継ぐリレー方式で、22年度までに暫定開業する予定だ。(毎日新聞)

新鳥栖(佐賀県)-武雄温泉間がどうなるか決まっていないのに作って大丈夫なのかな?仮にフル規格になってもその恩恵を受けない佐賀県が果たしてフル規格の費用を出せるのか?

冗談抜きに武雄温泉までを従来の長崎本線、佐世保線経由でそこから長崎までをフル規格の新幹線になりかねない。あわてないでじっくり検討してからのほうが良いと思うけどね。税金で負の遺産作ってどうするの?

この記事へのコメント