上り調子のバスケ界の水差す愚行

ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表による不祥事は、2016年のBリーグ誕生で人気、実力とも上向いた国内の機運に水を差した。

まだ保証されていない20年東京五輪での開催国枠を国際バスケットボール連盟(FIBA)に認めさせる目安は、来年のワールドカップ(W杯)での16強入りとされる。若手主体で臨んだアジア大会は、選手層の充実を図る好機だったが、この問題で難しくなった。

「いくらお詫びしてもお詫びしきれない言語道断な不祥事」

サッカーJリーグ初代チェアマンで、日本バスケットボール協会会長も努めた川淵三郎氏は20日、自身のツイッターで4選手の愚行を強く非難した。

5人制の男子代表は1976年モントリオール大会の後、五輪に出ていない。日本協会は、FIBAから代表の低迷や国内男子2リーグの分裂状態を解決できない機能不全を批判され、2014年に無期限の資格停止処分を科された。

川淵氏が協会の再建と国内リーグの統合にめどをつけた結果、15年に制裁が解除された経緯がある。

16年に誕生したBリーグで選手たちは力をつけ、若年層からは、米プロバスケットボールリーグのNBA入りが有望視される203センチの八村塁(ゴンザガ大)らも台頭。今年6月のW杯アジア1次予選では、八村らの活躍で16年リオデジャネイロ五輪4強のオーストラリアから大金星を挙げたばかりだ。

今回追放された4人のうち3人は、8月上旬のオセアニア遠征を経てアジア大会代表に選出された22~23歳の有望株。東京五輪に向けて、現在の主力を脅かす存在になるはずだった。

9月にはW杯アジア2次予選が開幕する。東京五輪出場には突破が不可欠とされる重要なステージを前に、代表争いは激化どころか有力メンバーらの自滅で停滞を招きそうだ。(産経新聞)

「これはダメ」、「あれはダメ」と手取り足取り教えないとだめなのか?体だけ大人で精神は子供のままだ。ボクシングもそうだけど東京五輪で開催国が出れないって恥ずかしいよね。

この記事へのコメント