アフリカ勢で初、決勝T残れず

セネガルがコロンビアに0―1で敗れ1勝1分け1敗。フェアプレーポイント(累積警告数)の差で日本を下回り、H組3位で敗退した。
 
16チームによる決勝トーナメントが行われるようになったのは86年メキシコ大会から。これにアフリカ勢が出場できないのは同大会以来初めてとなった。

今大会でのアフリカ勢は、エジプト(3敗、勝ち点0、A組4位)、モロッコ(1分け2敗、勝ち点1、B組4位)、ナイジェリア(1勝2敗、勝ち点3、D組3位)という結果。G組のチュニジアは最終戦を残しているが、すでに2連敗で敗退が決定している。(スポーツ報知)

昨日の日本の試合は消化不良気味。勝てた相手だと思う。もし西野さんが決勝Tのために主力組みを温存して、その結果としてベスト8になったらそれはそれで評価するけど、今の日本にそれだけの余力はないような気がする。勝てる時に勝たないとね。

この記事へのコメント