正恩氏が3度目の訪中

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が19日、専用機で北京に到着し、習近平国家主席と会談した。中国中央テレビによると、両首脳は朝鮮半島問題での連携強化を確認。金委員長は12日に行われた米朝首脳会談について「双方が一歩一歩着実に会談の共通認識を履行すれば、朝鮮半島の非核化は新たに重要な局面を打開することができる」と述べ、段階的に非核化を進める意向を示唆した。

米朝首脳会談について、当事者の金委員長が外国首脳に直接説明するのは初めて。訪中は20日までで、両首脳の会談は3月の北京、5月の遼寧省大連に続く3度目となった。金委員長は米朝首脳会談について「関係各国の利益と国際社会の期待に合致する前向きな成果が得られた」と述べた。

一方、習氏は会談で「朝米首脳会談は半島核問題の政治解決プロセスの重要な一歩になった」と高く評価した。その上で「朝米が合意を着実に履行し、関係各国が共に半島の非核化プロセスを推進するよう望む。中国側は建設的な役割を果たしていく」と述べた。

米朝首脳会談では、北朝鮮側が完全な非核化を約束し、米側が体制保証を確約した。だが、米側は対北朝鮮制裁の解除は完全な非核化が実現した後になるとの立場を崩していない。

金委員長は訪中を通して、北朝鮮の最大の貿易相手国である中国側に国連制裁の緩和を求めるとみられる。中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は19日の定例記者会見で「制裁そのものが目的ではなく、関係国は現在行われている外交対話に協力すべきだ」と述べ、制裁緩和に前向きな姿勢を示した。(毎日新聞)

安倍さんもちょこちょこアメリカ詣でするけど、カリアゲ君も中国詣で好きだよね。結局、最終的な当時国はアメリカと中国なんだ。

この記事へのコメント