勝間氏が同性の恋人公表に反響

経済評論家の勝間和代氏が28日、ブログを更新し、女性と交際し、一緒に暮らしていることを公表した。この告白に、各方面からその勇気を称える声が相次いだ。

作家の乙武洋匡氏はツイッターで「勝間和代さん、渾身のカミングアウト。そして、早く“渾身の”なんて意気込むことなく、さらりと自然体で周囲に伝えられる社会にしていきたいですよね」と、その告白を評価。これに勝間氏も「わーーー乙武さん、ありがとうございます。ほんとうに、勇気を振り絞ったので、読み取っていただいてうれしいです」と感謝した。

都議会の音喜多駿議員もツイッターで「勝間和代さんが同性を愛し、一緒に暮らしていることを告白。もっと自由な社会になるといい、自由を作りたいと思える出来事です」と評価。元NHKアナウンサーの堀潤氏も「ありふれた日常の一コマに」とつぶやいた。

フジテレビ元アナウンサーの長谷川豊氏も「アメリカじゃあとっくに普通の事。日本でも当たり前に受け入れられるようになったらいいな。別に何の問題もないよね。好き同士なんだし。勇気あるカミングアウトを支持!」、元陸上400メートルハードル日本代表の為末大氏も「すごいいい話」とつぶやくなど、反響は広がっている。(デイリースポーツ)

同性愛をとやかく言うつもりはないけど、カミングアウトする必要があるのかな?ただ一緒に暮らしているだけで良いのでは?彼女には3人の子供がいるみたいだけど、その子たちの事を考えたらカミングアウトは考えられない。

この記事へのコメント