<公示地価>で「ミナミ」が初めて「キタ」を逆転

国土交通省が27日公表した公示地価(今年1月1日時点)は、地方圏の商業地が前年比0.5%上昇し1992年以来26年ぶりにプラスに転じた。地方圏のうち札幌、仙台、広島、福岡の中核的な4市の商業地がプラス7.9%と高い伸びとなったほか、それ以外の地方も下げ幅が縮小した。再開発や、訪日外国人観光客の増加によるホテル建設などが増えているのが要因。地方圏は、住宅地を含む全用途でもプラス0.04%とわずかに上昇して下げ止まっており、全国的に地価の回復傾向が鮮明となった。

東京、名古屋、大阪の3大都市圏を含む商業地の全国平均は、プラス1.9%と3年連続で上昇した。大阪府内では、訪日客で活気づく大阪市中央区の繁華街・ミナミにある商業ビル「クリサス心斎橋」が1平方メートル当たり1580万円と前年から22.5%上昇し、初めてトップとなった。これまで北区の梅田を中心としたキタが府内最高価格を独占していたが、初めてミナミが追い抜いた。

地方圏の商業地は、中核4市の伸び率が前年から1ポイント拡大。それ以外の地方はマイナス0.4%と前年から下落率が0.5ポイント縮小した。県庁所在地の盛岡市、長野市、徳島市、松山市などが上昇に転じた。

住宅地の全国平均はプラス0.3%で、前年のプラス0.02%から伸び幅が拡大。3大都市圏の住宅地はプラス0.7%で、伸び率は前年(プラス0.5%)から拡大した。地方圏は、マイナス0・1%と前年から下落幅が縮小。中核4市がプラス3.3%と前年(プラス2.8%)に続いて高い上昇率を示したことが寄与した。雇用や所得環境の改善に加え低金利が追い風となり、駅前など利便性の高い地域を中心に回復が進んでいる。

商業地、住宅地、工業地などを合わせた比較可能な全調査地点(2万5705カ所)のうち、上昇地点数は41%を占め、10年ぶりに下落地点数(38%)を上回った。商業地の上昇率トップは、北海道倶知安町の35.6%。訪日客やリゾート関連の需要が押し上げた。同町は、住宅地の上昇率でも上位3地点を占めた。(毎日新聞)

東京で言うと、新宿が銀座を上回ったというイメージかな?実際、大阪に行くとミナミのほうに活気を感じるよね。インバウンドの影響もあるのかも?

インバウンドといえば北海道倶知安町だ。「ニセコ」は完全に世界ブランドのスキーリゾートになってしまった。そこで心配になるのが中国人とはじめとする外国資本の土地買収だ。政府は早めに対応しないとね。

この記事へのコメント