みずほFGの来春の採用半減 みずほFGの来春の採用半減 みずほFGの来春の採用半減 みずほFGの来春の採用半減 みずほFGの来春の採用半減 みずほFGの来春の採用半減

3メガバンクが2019年4月の新卒採用人数をそろって削減することが24日、明らかになった。みずほフィナンシャルグループ(FG)は約700人と今春の半分程度にする方向。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行も減らす。超低金利の長期化などで収益環境が悪化しているため、採用を抑える。

景気回復と人手不足を背景に大手企業の多くは採用を積極化。学生の就職活動は「売り手市場」とも言われるが、就職先として人気が高い銀行は狭き門となりそうだ。

みずほFGは、ITを活用した業務効率化により26年度までに従業員を1万9000人削減する計画で、採用抑制もその一環となる。今春の採用数は、傘下のみずほ銀行とみずほ信託銀行を含め1365人。新たな基幹システムの開発にめどがついたこともあり、大幅に減らす。(時事通信)

このまま銀行は自然減で大幅に人員を整理するだろう。コンビニATMのおかげで、コストのかかる支店も減らせるからね。特に都市銀は法人向き営業が主体で大口の個人以外は相手にしなくなる。簡単な話が人が要らないという事だ。そこに輪をかけるようにAIがやってくる。これからの子供達は本当に大変になるね。

この記事へのコメント