正恩氏 満足いく合意に達した

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は6日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長と韓国の特使団が朝鮮半島の緊張を緩和する方策について協議したと報じた。金委員長は南北首脳会談をめぐり「満足のいく合意に達した」と伝えている。

同通信によると、金委員長は、5日に平壌入りした特使団を「温かく歓迎」し、夕食会を主催。

「韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領からの南北首脳会談の意向を伝えられ、韓国側と意見を交わした上で、「満足のいく合意に達した」という。

金委員長はまた、「朝鮮半島の深刻な軍事的緊張を緩和し、幅広い対話や接触、協力、交流を活発にするべく、諸問題について突っ込んだ意見交換をした」としている。

特使団は北朝鮮側に米朝協議を働きかけている。(AFP=時事)

たぶんにこれは北の時間稼ぎに他ならない。「非核化は玉虫色」のまま話を長引かせていくに違いないからね。ただアメリカだって馬鹿じゃないからこんな話、鼻から信用していないだろうね。そもそも北が「非核化」するって書面に書いても信用できない。平昌のパラインピック後がひとつのターニングポイントになるかもね。

この記事へのコメント