北選手が日本選手のブレードを掴む 北選手が日本選手のブレードを掴む 北選手が日本選手のブレードを掴む

平昌五輪で20日に行われたショートトラック男子500メートル予選で、渡辺啓太(阪南大職)に対する北朝鮮選手の妨害行為が露骨すぎるとして、非難の声が殺到している。

問題のシーンはスタート直後に起きた。

第1コーナー手前で北朝鮮のチョン・グァンボムが前屈みになって転倒。倒れ込みながら、隣を滑走していた渡辺の左足下に右手を伸ばし、ブレードをつかみかかった。渡辺は若干態勢を崩したものの転倒はしなかった。

故意ともとれるチョンの行為に対してネットでは「露骨すぎ!」「スポーツマンシップの欠片もない」などの怒りの声が上がった。

最初のコーナーで転倒があった場合は再スタートとなるためレースは仕切り直しに。しかし、2回目のレースでも問題がおきた。レース序盤にチョンが渡辺と激しく接触した後、チョンが再び転倒すると、今度は渡辺に向かって足を伸ばしてスライディング。渡辺はこれを間一髪でかわして事なきを得た。

同レースに米国のトーマス・ホンも出場していたため、米メディアも反応。ニューヨーク・ポスト(電子版)は「北朝鮮選手が汚い戦術で失格になった」と報じた。

渡辺は妨害行為を受けながら予選2位で、22日の準々決勝進出を決めている。(産経新聞)

今回のオリンピックでこれほど醜い光景はなかった。本国からの指令だと思うけど五輪永久追放レベルの行為だったね。渡辺啓太選手の大人の対応に拍手とともに日本はもっと抗議すべきだったのでは?

さてそのいわく付きのショートトラックだけどあまりも、曖昧な判定に見るのも不愉快になってきた。コーナーはまだしも直線のインから追い抜きは明らかにラインオーバー状態だ。馬鹿正直にルール守っている日本には永久にメダルが取れそうもない。

特に韓国は国民感情という凄まじいプレッシャーがかかっているからなりふり構わずだ。今回の一件だって、北の選手がどうせ勝てないなら憎き日本人を巻き添えにして、同一民族の韓国選手を助けたのは見え見えだからね。

という事で自分の中では冬季五輪は閉会式を迎えました。

この記事へのコメント