カルデラ噴火で原発停止に基準

原子力規制委員会は、原子力発電所の周辺の火山で破局的噴火の可能性が高まった場合に備え、原発を止めるための判断基準を作成することを決めた。

火山活動の状況に応じて段階的な目安を定める。1年後をめどに一定の方向性を示す。

破局的噴火は火砕流が数十~100キロ・メートル以上の広範囲に到達するような噴火で、巨大なくぼ地「カルデラ」が生じることから「カルデラ噴火」とも呼ばれる。

広島高裁は昨年12月13日、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の敷地に、約9万年前の阿蘇山(熊本県)の火砕流が到達した可能性が「十分小さいと評価することはできない」として、運転差し止めを命じた。

規制委は、広島高裁の決定が出る前から、判断基準作りの準備を進めていた。規制委は、原発の敷地内に火砕流が到達する恐れがあると判断した場合などに、原子炉等規制法に基づいて停止命令を出せるが、停止を命じる際の具体的な基準はまだない。(読売新聞)

日本には100以上の活火山があるからね。そうなると原発を作る余地なんて無いのが実情なんだ。まあ現実的な問題としてカルデラ噴火をおこしたら、原発以前の問題になってしまうだろうけどね。

このところ地震があちこちで頻発している。「天災は忘れた頃にやってくる」っていうからね。北以外も注意が必要だ。

この記事へのコメント