生活保護世帯の大学進学へ一時金支給へ

生活保護を受ける世帯の子どもの大学や専門学校への進学を支援するため、政府は来年4月から入学時に一時金を支給する方針を固めた。親元を離れる場合は30万円を配る。同居を続ける場合は10万円とし、さらに生活保護費の住宅費の減額ルールをやめる。来年の通常国会に提出する生活保護法の改正案に盛り込む。

受給世帯の大学などへの進学者は昨年度で4619人。進学率は33%で、全世帯の73%を大きく下回る。この教育格差が親から子どもへの「貧困の連鎖」を生んでいるとして、対応を求める声が広がっていた。

一時金の名称は「新生活立ち上げ費用」。パソコンや教材のほか、一人暮らしを始める場合は生活用品などに使うことを想定する。(朝日新聞デジタル)

本当の困窮者はいるとは思うけど、かなり悪質な受給者の話を聞くからね。審査は厳密に、最低でも一年に一回は見直しが必要だと思うよ。

学生には「新聞奨学生」などの道もあるわけだし、何でも簡単に「はいお金」はどうかと思う。自分が学生の時には掛け持ちでバイトで生活費を稼いだよ。

世の中には、生活保護を受けずにそれ以下の生活をしている人がたくさんいるからね。もっと慎重に決めてほしいね。

この記事へのコメント