トランプ氏が訪韓へ安全を考慮

トランプ米大統領が11月上旬に韓国を訪れる際、北朝鮮との間にある非武装地帯(DMZ)への視察を見送る方向になっていることがわかった。米韓関係筋が明らかにした。トランプ氏が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と非難合戦を繰り広げているため、トランプ氏の安全を考慮したという。

トランプ氏は11月7日から8日まで訪韓し、文在寅(ムンジェイン)大統領と会談するほか、国賓として韓国国会で演説する見通しだ。米国の北朝鮮政策や米韓関係について触れるとみられる。

訪韓中の日程案では歴代大統領が訪れ、トランプ政権でもペンス副大統領やティラーソン国務長官が訪れたDMZの視察も候補に挙がったが、見送られる方向という。米韓両政府から、トランプ氏の安全を懸念する声が出ているためだ。

トランプ氏は正恩氏を「リトル・ロケットマン」と呼び、核ミサイル開発を強く非難している。正恩氏も9月21日付の声明で、トランプ氏を「政治家ではなく、火遊びが好きなちんぴら」とこき下ろした。(朝日新聞デジタル)

冷静に考えると非常に危険だよね。ソウルは38度線から僅か60kmしか離れていない。もちろん翌日は中国を訪問する予定だから北は行動は起こさないと思うけどね。

ところで文在寅は中国北寄りだから、トランプとどんな会談になるかは興味がある。中国側との通貨スワップ締結が日米間同盟にどんな影響をおよぼすかな?興味深々だ。

この記事へのコメント