東海初のイケアに2500人行列

スウェーデン発祥の家具や雑貨の専門店、イケア長久手が愛知県長久手市にオープンし、開店前に行列ができました。

開店前に約2500人が並び、先頭の子どもにはキッズ商品が贈られました。イケア長久手は国内9番目の店舗で東海地方初出店です。売り場面積は国内最大級の2万平方メートルです。周辺の渋滞が予想され、イケアは公共交通機関での来店を呼び掛けています。(名古屋テレビ)

イケアが名古屋圏になかったのはびっくりした。でも名古屋地区の出店が遅れたのはわかるような気がする。流通業界では名古屋を中心とする中京圏は大阪よりもシビアと言われているからね。名古屋人は決してケチではない。むしろ娘の結婚式の時には盛大に散財する。バブルがはじけても不動産にも手を出していなかったからびくともしなかった。本当の意味でのお金の使い方を知っている人達なんだね。

先に出店した地域で日本人のマーケティングを相当、研究したんだろうね。

この記事へのコメント