武漢からの464人を送還へ

フィリピンの航空当局は24日、中国・武漢から入国した中国人観光客464人が送還されると、時事通信の取材に明かした。 新型コロナウイルスの感染を防ぐためだが、発熱やせきの症状がある人はいないという。 フィリピン民間空港公社の報道官によると、464人は全員中国人で、フィリピンの航空会社を使って比中部のカリボ国際空港に到着した。人気リゾートのボラカイ島で春節の休暇を過ごそうとした客とみられ…

続きを読む

WHOが緊急事態宣言を見送り

世界保健機関(WHO)は23日、中国で感染が拡大している新型のコロナウイルスによる肺炎についてスイス・ジュネーブで前日に続き緊急委員会を開き、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ることを決めた。 現時点では人から人の感染は中国で家族内と医療関係者に限定されており、世界的な脅威と指定するには時期尚早と判断した。 ただ、委員会メンバーの意見は割れたといい、テドロス事務局…

続きを読む

明治がアイスに賞味期限を設定へ

明治は22日、市販するアイスクリーム全商品について、来年4月をめどに賞味期限を設定すると発表した。冷凍庫で保存するアイスは品質の劣化がわずかとされ「要冷凍(マイナス18度以下で保存)」などと記載することで、大半のメーカーは期限設定を省略している。明治は食への関心の高まりから問い合わせが急増していることを主な理由に挙げている。 全てのアイス約30品目のうち「明治 エッセル スーパーカップ」シ…

続きを読む

新幹線の高架橋が耐震診断ミス

JR東日本は21日、東北・上越新幹線の高架橋にある計367本の柱で耐震性の診断ミスがあったと発表した。 10年以上にわたり必要な補強工事が実施されておらず、同社は2020年度末までにおおむね工事を終える見込みとしている。 JR東によると、診断ミスのあった柱が見つかった主な区間と本数は、東北新幹線の上野―大宮68本、大宮―小山50本、郡山―福島20本、仙台―古川10本など。上越新幹線は…

続きを読む

コンビニが飽和?店舗数が初の減少

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した2019年の主要コンビニの全店売上高は、前年比1.7%増の11兆1608億円となり、比較可能な05年以降14年連続で過去最高を更新した。消費税増税に伴って実施されたキャッシュレス決済時のポイント還元策が貢献した。19年末の店舗数は前年末比0.2%減の5万5620店で、微減となった。前年末から店舗数が減少したのは初めて。 少子高齢化を背景にコンビ…

続きを読む