北の飛翔体に防衛省が「影響ない」

防衛省は31日、北朝鮮による飛翔体の発射を確認し、「我が国の領域や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認されておらず、現時点で我が国の安全保障にただちに影響を与えるような事態は確認されていない」との暫定的な分析結果を発表した。米国や韓国と連携し、飛翔体の弾種や数、飛距離など詳細を分析する。韓国メディアは北朝鮮東部から飛翔体数発が発射されたと報じている。 北朝鮮は5月と7月に計3度、短距離弾…

続きを読む