WTOで論戦 日韓とも譲らず

世界貿易機関(WTO)一般理事会は24日、日本による韓国向け輸出管理の厳格化について討議した。韓国は「自由貿易への逆行」と不当性を訴えた。これに対し、日本は「安全保障のための必要な措置だ」と正当性を主張した。 日本の輸出管理については韓国が提起した。韓国の産業通商資源省の金(キム)勝(スン)鎬(ホ)・新通商秩序戦略室長は「WTO体制に脅威を与える措置。韓国は半導体分野の主要製造国であり、…

続きを読む