米中摩擦が日本の製造業を翻弄

米中の貿易戦争は、双方がほぼ全ての品目に追加関税を掛け合う最悪の事態が現実味を帯びてきた。米政府が発表した約3800品目を対象とした対中制裁関税の原案には、スマートフォンなど日本メーカーが部品供給し、中国で組み立てる製品も多い。米中は実際に発動に踏み切るのか、発動の場合はどれくらい続くかなど全てが予測不能な事態に日本企業は翻弄(ほんろう)される。 「想定を超える市場の変化があったとはいえ、…

続きを読む