徴用工 近く差し押さえ手続き

韓国最高裁が新日鉄住金に韓国人の元徴用工への賠償を命じた判決をめぐり、原告側弁護士は24日、期限までに同社が協議に応じる意思を示さなかったとして、資産差し押さえの手続きを近く開始すると明らかにした。 ただ、日韓当局間の協議が行われているため、差し押さえ期日は協議の状況を考慮して決めるという。 原告側弁護士は4日に東京で記者会見し、24日午後5時までに協議に応じるよう新日鉄住金に要請し…

続きを読む