日本の競争力 過去最高の5位

世界の政財界トップが集まる「ダボス会議」を主催するスイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」は17日、2018年の国際競争力ランキングを発表した。 日本の総合順位は140カ国・地域中で5位で、前年の9位から上昇し、過去最高となった。インフラの質や健康寿命などが高く評価された。一方で、人材の技能向上や労働市場の多様性、起業のしやすさなどが課題とされた。 首位は米国(前年2位)。2位はシ…

続きを読む