スズキが中国での生産から撤退

スズキは4日、中国の自動車大手、重慶長安汽車との合弁事業を解消することで同社と合意したと発表した。スズキの出資持ち分(50%)を重慶長安に譲渡し、同国での自動車生産から撤退する。中国市場は競争が激化しており、今後は乗用車で半数の販売シェアを持つインドに経営資源を集中する。 譲渡額は非公表だが、スズキの業績への影響は軽微という。合弁会社は重慶長安の完全子会社として存続し、スズキが派遣している…

続きを読む