NAFTA日本車への影響必至

北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しをめぐり、米国、メキシコ両国政府が、自動車関税をゼロとする条件の厳格化で大筋合意した。日本の自動車メーカーの多くは、人件費が安いメキシコで生産した車を主力市場の米国に輸出している。改定が実現すれば、関税負担の増加につながりかねず、部品の域内調達の拡大など、北米戦略で大きな影響を受けるのは必至だ。 メキシコには現在、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、マツ…

続きを読む