日本とEUが経済連携協定に署名

安倍首相と欧州連合(EU)の首脳は17日、首相官邸で日本とEUの経済連携協定(EPA)に署名した。国会と欧州議会での承認手続きを経て、2019年初めまでの協定発効を目指す。人口約6億人、世界の国内総生産(GDP)の約3割をカバーする巨大な自由貿易圏が新たに誕生する。 署名式後の共同記者会見で、安倍首相は「保護主義への懸念が高まる中、(日欧の)EPAが利益をもたらすことを示していく」と、意義…

続きを読む