菅氏が中国でのスパイ活動を否定

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、中国の裁判所で愛知県の男性がスパイ罪などで懲役12年の実刑判決を言い渡されたことに関し、中国での日本政府によるスパイ活動を否定した。菅氏は「この会見で申し上げたが、(ないという)認識に一切変更はない」と述べた上で、「邦人保護の立場からできる限り支援したい」と話した。その上で「改善基調にある日中関係に大きな影響を与えないよう、双方が努力することが大事だ」と語った…

続きを読む