本田が同点弾

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第11日は24日、1次リーグが行われ、H組の日本(FIFAランク61位)はエカテリンブルクでセネガル(同27位)と対戦し2―2で引き分けた。後半26分に勝ち越しを許したが、香川に代わって出場した本田が33分に同点弾を決めた。 試合後の本田のコメントは以下の通り。 ――殊勲の同点ゴール。 「(アシストした乾)貴士のボールが凄くいいところにきた。外…

続きを読む