平昌フィギュアの採点で不正

国際スケート連盟(ISU)は19日、羽生結弦(ANA)が連覇を遂げた平昌五輪のフィギュアスケート男子4位の金博洋(中国)への採点で不正をしたとして、中国の女性審判に2年間の資格停止と2022年北京五輪の審判から除外する処分を科したと発表した。出来栄え点(GOE)と演技構成点で過剰な評価が認められた。 ペアを担当した中国の男性審判には、銀メダルを獲得した隋文静、韓聡組(中国)への不正な採点で…

続きを読む