大阪震度6弱 部品供給、物流にも懸念

18日朝に発生した大阪府北部を震源とする地震では、自動車や電機などの工場が稼働を停止したほか、コンビニエンスストアが一時休業するなど企業活動に影響が及んでいる。各企業は被害状況の把握に追われているが、部品供給網(サプライチェーン)の混乱などで影響が長期化する恐れもある。 ダイハツ工業は、本社工場(大阪府池田市)と京都工場(京都府大山崎町)が一時操業を停止した。同社によると、部品調達先は関西…

続きを読む