停電でも走れる新幹線開発へ

JR東海は、停電の時でも新幹線がバッテリーを使ってしばらく自走できる初のシステムの開発を始めた。 新幹線はトンネルや橋、高架が多く、東海・東南海地震などの大規模災害時に乗客をいかに迅速に避難させられるかが課題になっている。同社は2020年度から東海道・山陽新幹線に導入する新型車両「N700S」への搭載を目指している。 JR東海が開発を進めている自走用バッテリーは、車体の床下に設置され…

続きを読む